ポルトガル語で「カンジャ」は、汁(スープ)。「ガリーニャ」は、鶏肉。ブラジルでは「スープ」の分類に入るのですが、 日本の雑炊のようなもの。ブラジルでは風邪をひいた時や、ちょっと体が弱っている時にお母さんが作ってくれます。カンジャの歴史は古く、19世紀初の英仏戦争時代にナポレオンも食べたとの記録が残っているらしい。この寒い時期には、この料理がぴったりですね。

国別 ブラジル
ジャンル

メイン食材

トリニク

材料

(10人分)
鶏もも肉(骨付きがいい) …500g
ベーコン…100g
タマネギ…1個
ジャガイモ…1個
ニンジン…1本
トマト…1個
セロリ…1/2本
ブロッコリー…1/4個
米…1/2カップ
お湯…2?
ニンニク…5片
パセリ…少々(お好みで)
ローリエ…1枚
塩…適量
コショウ…適量
固形コンソメ…2個
オリーブオイル…少量

作り方

1
<下準備>
鶏肉を小さく切り、塩、コショウで下味をつけます。

タマネギ、パセリはみじん切りにします。

ニンニクは、すり潰します。

ベーコン、ジャガイモ、ニンジン、セロリは1㎝角に切ります。

トマトは、湯むきをして1㎝角に切る。
2
<作り方>
鍋にオリーブオイルをひき、タマネギ、ニンニク入れ、香りが出て、しんなりするまで炒めます。
3
ベーコン、鶏肉を入れ、鶏肉がキツネ色になるまで炒めます。
4
ジャガイモ・ニンジン・セロリ・トマトを入れ、炒めます。
5
お湯・米・ローリエ・固形コンソメを入れ煮ます。(あくはこまめに取る。)
6
鶏肉が柔らかくなったら、塩、コショウで味を調えます。
7
容器に盛りつけ、パセリを散らして出来上がりです。

*本当は鶏の骨から美味しいダシが出るように、じっくりと時間をかけて煮る。
全体で8時間程かかるそう。。。今回は時間がないので簡単に、固形コンソメを使いました。
レシピの出典 せかいの台所
レシピ提供者 出羽庄内国際村
公開日 : 2012年11月30日